200kg軽中量スチール棚、スチールラックを激安通販(販売)

スチールラック・スチール棚の太陽設備
スチールラック画像・パレット
スチールラック グリーン購入法適用

スチール棚FAX


カタログ希望

web版pdfはこちら

ラック実物確認

太陽設備トピックス

お問い合わせ窓口

電話でのお問い合わせ

0120-17-9341
「 平日9:00〜18:00 」

メールでのお問い合わせ

info@taiyousetubi.com

スチールラック200kg/段 組立て手順

  1. スチールラック・スチール棚の太陽設備TOP
  2. スチールラック200kg/段(ボルトレス棚) - スタンダードモデル -


スムーズに組立を行うには2名以上の組立をお勧め致します。

  1. 1.必要部材の確認
  2. 2.事前準備
  3. 3.棚受け/天受けの取付
  4. 4.ベースキャップの取付
  5. 5.支柱の準備
  6. 6.間口棧の取付
  7. 7.棚板のセット
  8. 8. 完成


必要部材の確認

製品はこのように部材別に梱包され到着します。 ご注文いただく製品にもよりますが、だいたい以下の梱包数にてお届けする形となります。

※1台に必要な部材
・支柱×4本
・棚板(段数分)
・ベースキャップ×4個
・棚受け(段数×2-2)
・天受け×2
・ロックピン×8
・間口棧×2

※組立て用ハンマーは説明書と同梱しております

棚の梱包
棚の事前準備

段ボールから開梱し、まずは支柱を2本並べます。支柱は枕木のような物に載せるか、右図のように開梱した段ボールを下に引いて頂くと組立易くなります。

この時支柱の穴の向きに注意してください。穴が狭くなっている方が、下側(地面側)です。下図を参考にしてください。

支柱の並べ>

棚の組立て方法
棚受け・天受け取り付け

写真を参考に、棚受けと天受けを支柱に取り付けます。
※「天受け」は最上段にしか使用しません。
最上段以外は、すべて「棚受け」を取り付けます。


棚受け・天受け

天受け、棚受けの取付
 

「棚受け」は写真のように2枚1組に"堅く"組み合わさっ
ている場合がありますので、地面に落として外してくだ
さい。

地面に落とすと簡単にはずれます
  天受けは支柱最上段の穴に取り付けて下さい。
※右図参照
天受けを取り付けます
  再下段の「棚受け」を取り付ける際は、穴の位置に注意
してください。(下から2番目の穴に取り付けます。)
※右図参照
棚受けのはめ込み

▲TOPへもどる

ベースキャップ

棚受け・天受けの取り付け終わった支柱の底(足場)に、「ベースキャップ」を取り付けます。ハンマーで叩くと簡単に入ります。


ベースキャップ

ベースキャップの取付
支柱の準備

ここまでの手順で作った、支柱と棚受け・天受け・キャップを組み立てたもの(ハシゴ状)を
→「単体形式」の場合は2組
→「単体+連結形式」の場合は3組作り上げます。

棚 ボルトレス
間口棧の取付

ハシゴ状の支柱に間口棧を取り付けて、スチールラック
の骨格を作ります。 間口棧の取り付け時は、下図のと
おり面と面をピッタリと合わせてからハンマーで叩いて
ください。隙間が空いていると、入りにくいのでご注意下さい。
(注意)横幅が広い場合(1500mm、1800mm)、この作業は2名で安全に行ってください。

ハンマーで組立て

両面に天受け、棚受けに取り付ける
ロックピンの取り付け

間口棧を取り付けたあと、間口棧と支柱の穴が重なるので、すぐに右図のようにロックピンを挿して下さい。(ピンを入れないと、反対側の間口棧取り付け時の反動で外れてしまいます。)

このとき、間口棧がきっちりと取り付けられていないと穴が重ならず ピンが入りませんのでご注意下さい。

ボルトレススチールラックのロックピン

▲TOPへもどる

棚板の設置

間口棧を前後上下合わせて4本取り付け終わりましたらそれぞれの段に、棚板を載せます。このとき、段の高さを変更する場合は、棚受けを取り外してお好きな位置に変更可能です。

棚板の設置 ボルトレス
完成

以上で完成です!
棚板の段位置を入れ替える場合は棚受けを外し50mmピッチの穴に差し替えて棚板を置いて下さい。

オプションとして様々な棚をより便利に、安全に使える物を用意しておりますので、ご入用の際にはお気軽にお問い合わせください。

オプションページは以下のボタンクリックで移動

スチールラックのオプション製品

スチールラック
  • スチールラックの価格かんたん見積もり200kg
  • ラック仕様情報
  • ラック組立て方法
  • ラックのオプション製品

▲TOPへもどる